スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/16 エレファント フルメタル その6

あちこち調整してだいぶ手こずりましたが、転輪をガタなくほぼ一直線に揃えることができました。
1503052_201503152201241cd.jpg

アームの順番は、長・長・短です。
第2と第3転輪、第4と第5転輪の間隔が揃っていません。
一方、短・長・長にしますと、転輪の間隔はきれいに揃いますが、
前方誘導輪との間が間延びし、後方起動輪とは近過ぎてしまいます。
アームの長・短のことは取説にまったく説明がなく、
おそらく設計ミスですね。とりあえずこの配置でいってみます。
ダンパーゴムと、スピンドルブラケット(シャフト)のスプリングはまだ取付けていません。
1503153_20150315220126979.jpg

転輪は場所によってワッシャーで高さを調整しました。
1503151_201503152201268b5.jpg

実車にはそれらしい物が無いのですがストッパーを設けました。
凹凸を乗り越えるときスピンドルが回りすぎると、支障を来すようです。
原因としては、
・誘導輪との高低差がある。
・誘導輪との間が空き過ぎている。
・キャタピラがゆったりしている。
・そもそも極端な凹凸を乗り越えるようには設計されていない。
実車もそうなのか、そのへんはよく分かりません。
1503155.jpg

スピンドルのキャップスクリューは硬すぎず緩すぎずがなかなか難しいです。
そんな時はスラストベアリングが役に立ちます。
1503294.jpg

PipoさんのHPから拝借したイマイのエレファント取説です。
サスペンションのパーツ構成、取付け方など、もろにパクリでした。
1530172.jpg

1530171.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

HOOBENのエレファントも見てみたいものです。
中国製は親せき一族みたいなものですから、
きっとパーツも同じ、間違いも同じではないでしょうか。

FOAの製作、楽しんでくださいませ。

No title

さすがです、ピッチリですね^^v

イマイのエレファントは、名作と言われていますが、やはりイマイのパクリでしたか^^;
しかし、さすがに現物はないと思うのですが、、、。

FOAには色々と苦労させられています。
いえ、楽しませてもらっています^^;
サス周りは、可動模型の肝ですから、気が抜けないですよね~^^;



カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。