スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/6 シャーマン キャタピラ2

3mmのステンレス棒から加工したトラックピンです。
長さ72mmで両端にEリング用の溝を掘りました。
一日フルに作業して50本が限界です。
お安いので度々依頼している外注さんがあるのですが、
今回ばかりは本数が多くて高額だったため、やむなく自作することにしました。
1507181.jpg

細い丸棒ですがさすがにステンレスは硬いです。
バイトが刃こぼれしないよう切削油をつけつけゆっくり回しますが
30本ぐらいで切れなくなります。
細い溝の切れる貴重なバイトなので、何度も磨いて使っています。
1507182.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

今晩は^^。

株式会社サンライズにも、エポキシ樹脂があります。
ただ、ウレタン樹脂(ポリエステル樹脂?)より少し高めで、透明になっています。
使ったことは無いので、使用感や強度は?です。

フライス盤でごまかしてますが、やはり、旋盤はやはりあれば便利。確実、きれいな仕上がりですよね~。
設置場所も含め、悩みどころです^^;

No title

Pipoさん、ご紹介ありがとうございます。

Pipoさんが使われているのはポリエステル樹脂のようですね。
エポキシ樹脂はバギーのサスアームの複製に使えるほど強固と
むかし冊子の記事で見たことがありますが、それはまた特化した製品だったのでしょうか。

張り合わせの手順は、私の場合中にトラックピンを入れて一体化したいので
必然的に後者になります。確かに硬化時間が短いのは困りますね。

ご質問の答え忘れていました。
東洋アソシエイツのCompact7です。
最近、超ミニ旋盤からそこそこ小型旋盤に買い替えました。
1台あるとほんとに重宝いたしますよ。

No title

Eリングの溝を自ら掘るとは・・・さすがです^^。
こういう極薄バイトがあるんですね。
私も旋盤欲しいな~^^;
ちなみに、カメキチさんの旋盤はどこのものでしょうか?プロクソン?


注型用のレジンは「株式会社サンライズ」のものを使っています。
http://homepage3.nifty.com/sanlaizu/index.html
それぞれに、盛っておいてから張り合わせるか、張り合わせたものに注入するか、、、。
混合後に固まるまでの時間が短いので、個数が多いだけに、注入は大変かもですね^^;
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。